トイレリフォームの価格相場は?お得に行うコツも紹介!

 
お問い合わせはこちら
blog

トイレリフォームの価格相場は?お得に行うコツも紹介!

  • リフォームコラム
トイレ リフォーム 費用 相場


トイレリフォームで各メーカーさんのカタログなどを見られると、性能の進化に驚きます。ご予算に余裕がある場合は節水・防臭・防汚機能だけではなく、見た目もデザイン性のあるタンクレストイレを選ばれるのもおすすめです。見た目にインパクトがある、浮いてるトイレも話題になりましたね。

こちらページではトイレリフォームを行う際の費用相場をご紹介しています。トイレ本体の交換だけではなく内装工事を一緒に行った場合や、和式トイレから洋式トイレに交換する場合の費用相場も掲載していますので、ご予算の検討にぜひご活用ください。


(当ページに記載の費用は目安となります)


トイレリフォームをするときの費用相場

トイレリフォームの費用相場は30万円程です。ウォシュレットが貯湯式か、瞬湯式か、防汚機能がある便器か、など本体の機能が総額に大きく影響します。


トイレリフォーム費用相場はいくら?

ベーシック ~約14万円 ミドル 約15~約29万円 ハイグレード 約30万円以上
ベーシック ~約14万円 ミドル 約15~約29万円 ハイグレード 約30万円以上


トイレ本体のみリフォームする場合は、10万円台から交換することができます。トイレ本体にデザインなどもこだわりを持ちたい方、節水や防汚効果が高いトイレにされたい方には、 ハイグレードな製品もおすすめです。光熱費の削減を考えると節水型トイレが一番ですが、毎日数回は使用されるので、長い目で見て見た目も機能も納得のいった製品にされるのが良いですね。



標準的なトイレリフォームの工事内容

トイレリフォームでは、既存のトイレ撤去などの工事が必要になります。新しいトイレに交換される際は、下記の工事が必要となります。

  • ・既存トイレの撤去
  • ・給排水接続
  • ・新しいトイレの設置
  • ・紙巻器のお取替え
  • ・廃材処分


施工のみであれば約3万円~5万円の工事費が一般的です。「新しいトイレの本体は通販で買ったから設置だけ依頼したい」とトイレ交換工事のみを依頼されるよりも、標準工事込みのトイレキャンペーンをご利用いただく方がトイレ本体の値段も安くなる場合や、リフォーム後のアフターフォローも安心してご利用いただけるといったメリットがあります。


トイレリフォーム工事事例と費用の目安

トイレ本体を交換するリフォーム以外の、細かなトイレリフォーム費用の目安もご紹介します。細かな修理はお客様のお住まいの状況や部材の流通状況により変わってきますので、あくまでも目安としてご参考にされてみてください。

便座だけ新しくしたい!

工期が短くお手軽なイメージがあります。費用の相場は5万円ほどです。


便座だけ新しくしたい!

洋式トイレから新しい洋式トイレへリフォームしたい!

最初にご紹介しました通り、15万円~29万円までの費用が相場となります。


洋式トイレから新しい洋式トイレへリフォームしたい

手洗い場をつくりたい!

コロナの影響もあり、タンクレストイレなどの手洗いが付いていないトイレを選ばれる際は、トイレ内に手洗い場を希望される方が多いです。後付けで手洗い場だけを工事する場合は15万円ほどの費用がかかります。


手洗い場をつくりたい

トイレ本体と一緒に内装もまるごと変えたい!

壁紙や床の材質にもよりますが、30万円以上が相場になることが多いです。トイレ本体のグレードを調整して、20万円などの予算内でトイレ本体も変えるリフォームプランを採用されるお客様もいらっしゃいます。


トイレ本体と一緒に内装もまるごと変えたい!

トイレの場所を変えたい、移動したい!

トイレを寝室の近くにしたい等のお悩みには、トイレ自体を移動するリフォームが可能です。価格は約50万円~70万円ほどかかります。
住宅構造で移設が難しい場合や、給排水の位置が変わり流水音が響く場合があるので注意が必要です。

トイレを増やしたい!

家族が増えたのでもう1つトイレが欲しい!などのご希望もありますよね。トイレを増設する場合はトイレの部屋を作る段階から始まりますので、予算としては70万円以上かかる場合が多いです。


和式から洋式へのトイレリフォームにかかる費用は?

和式トイレから洋式トイレへのリフォームされたいというお客様も多いので、ここからはより詳しくご紹介します。

和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合は、費用相場が30万円~50万円となり、洋式トイレから新しい洋式トイレに交換されるリフォームよりも費用が高くなります。これは、和式と洋式では設置方法や電線が異なるため、その分の工事費用が必要だからです。

また、和式トイレではタイルの壁が多いですが、洋式トイレにする際に床はフローリングやクッションフロア、壁はクロスへ貼り替えるお客様がほとんどなので、内装工事の費用も含めてご予算を検討ください。

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム


あまり費用はかけられない場合は、TOTOのスワレットのようなアタッチメントをご利用いただくことで洋式トイレ風になります。

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム


和式から洋式へのリフォームをどの程度ご検討されているかで、見た目だけ変われば良いか、トイレ本体だけか、内装も込みでリフォームするか…とかかる費用が変わってきますので、具体的なお見積りをご希望の際はぜひ、東邦ガスセイフティライフにお問い合わせください。



安くお得にトイレをリフォームするためのコツ

介護を目的としたトイレリフォームでは、介護保険を利用してリフォーム費用の7割~9割を上限20万円まで賄うことが可能です。

介護保険被保険者が要支援1または2、要介護1~5に認定されていて、被保険者証と同じ住所に住んでいることが条件となり、申請に必要な書類は資格保有者にしか作れません。まずはケアマネジャーさんなどに相談してみましょう!

介護保険トイレリフォーム

2023年3月31日までは「こどもみらい住宅支援事業」が利用可能です。節水型トイレ該当条件に当てはまれば、1台19,000円の補助金を受け取ることが可能です。


こちらの補助金は、申請ができるリフォーム会社が限られるので注意が必要です。東邦ガスセイフティライフはこちらの補助金申請の取り扱いが可能ですので、お得にトイレリフォームをされたい場合はぜひお問い合わせください。(ただし補助金5万円未満の場合は申請できません。)

こどもみらい住宅支援事業


トイレリフォームの基本 目次に戻る トイレまるごと リフォーム